« 七草粥じゃなかった | トップページ | 鍋大会 »

2009.01.16

続、読者モデル

髪がそろそろ収集つかなくなってきたbearing旅行者だった頃は、バンコクに来る目的は①髪を切る、②日用品を買う、③マッサージをする、④タイ料理を食べる だった。美容師の方にバンコクの宿で出会い、彼女に「恐ろしいことするね。」って言われた。パーマもかけたし、髪も染めた。カットはもちろん。ロングヘアーからボブくらいまで切ったこともあるhairsalon

今思えば・・・やっぱり恐ろしいことだったかもしれない。現在、ボサボサの髪の毛であるにも関わらず、なかなか美容室に行くことが出来ないthink

http://kuwayumi.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-1bdc.html

以前のブログでも紹介したが、読者モデルに応募している。実は、5回もオファーがあった。というのも、希望者がどの程度いるのか分からないが、とにかく希望メールを1度送ると、取材の日程と内容(美容室、ネール、マッサージ)が決定した時点で、希望者に一斉通知が届き、日程と内容の希望が合えば雑誌編集局へメールを送る。その中で、更に選出が行われる。以前、読者モデルをしたことのある人は後回し。1度も読者モデルを経験してない人が選ばれる率は高い。今まで届いたメールは、ネイルとマッサージ。私の希望する「美容室」の取材はまだ無い。しかし・・・

読者モデルっていうのも考えてみれば・・・恐ろしいかも?!と思い始めている。というもの、先週の読者モデルのページが私の希望する「美容室」だった。がしかし・・・ソバージュにされて、前髪パッツンに仕上がっていたcoldsweats01タダほど怖いものは無いと言うが・・・ごもっともである。仕上がりがどのようになろうとも、文句は言えないのだろう・・・きっと・・・鏡をみて「ガガァ~ンcrying」と思っても、笑顔で写真撮影して、「まとまりのなかった髪も、パーマをかけてまとめやすくなり、イメージチェンジも出来てよかったですwink」的なコメントをしなければならない。心中お察しします・・・と言いたいくらいの出来栄えだった。

読者モデルデビューは果たしてあるのだろうか?!

0101_21

※セントラルワールド;「読者モデルに立候補します!!」

|

« 七草粥じゃなかった | トップページ | 鍋大会 »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

あんなにタイで髪を切ることにポリシーを持っとられたのに…(^O^)!
失敗例を目の当たりにすると、ひるみますわねぇ(;^_^Aでも、今までに拝見したタイhairスタイルはなかなか良かったですよ♪タダっていうのが「くせもの」かもしれませんねぇ。
昔、学生の頃、友達がカットモデルをしてエキセントリックなことになり泣いていたのを思い出しマシタ。

投稿: 春華 | 2009.02.17 18:03

春華さん
先日、語学学校のクラスメイトがカットモデルをしておりまして・・・「ワカメちゃん」になってました。彼女、昨晩は泣き通しだったらしい><;やっぱり、ひるみます・・・昔はどうして平気だったのかしら?(笑)そういえば、お金払ってましたからね。「ただ」ってのは駄目ですねっ

投稿: kuwayumi | 2009.02.19 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125834/27190050

この記事へのトラックバック一覧です: 続、読者モデル:

« 七草粥じゃなかった | トップページ | 鍋大会 »