« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009.04.25

パン作り

最近、午前中時間があるときには「コネコネ」していることが多い。小麦粉と砂糖、塩、バター、イースト菌を使う。そう、「コネコネ」してパンを作っているのだbread回を重ねるごとに、ふわふわしてくる。水かげんや発酵時間、中に入れる具を試行錯誤thinkrecycle

記念すべき第一回目は、さつま芋を投入。発酵場所をミスしてしまい、今思えばかなりハードなパンが出来上がったsweat01

Sany0223

※さつま芋パン

次作は、レーズンを投入。1次発酵はベランダで50分程度、ベンチタイムはまな板の上で濡れ布巾を被せること20分、2次発酵は炊飯器の中で30分とした。すると、ふわっとした白いパンが出来上がった。さつま芋よりレーズンの方が、パンに最適な甘みを提供してくれたwink

Pan_6

※2次発酵後のレーズンパン

しばらくレーズンパンの試作を続けた。水の代わりに牛乳にしてみたり、砂糖とコンデンスミルクの割合を半々にしてみたり、バターの種類を換えてみたり・・・happy02結果的には、水と砂糖、バターもいつもパンに塗っているオリーブバターがふわふわのパンを作り上げるということがわかったclear後は、「コネコネ」時間が大切。ベンチタイムの後の空気抜きもポイントかなsign02

Sany0246

※レーズンパン

そして、最近の新作を発表するsecret「コネコネ」し続けてきた私(そう暦は長くありませぬが・・・)新作にはかなりの自身がぁ・・・※まぁいつも、ナイスコンビネーションsign03と思い失敗を繰り返しておりますcoldsweats01そんな経緯がございますので、新作を食べないといけない彼は・・・もちろん大反対wobbly「いつものレーズンパンにして・・・weep

想像が膨らんでいるため、もう誰も止めることは出来ない。紫玉葱をみじん切り、普通の玉葱はミキサーへsign04そしてもう一品、取り出したのはカリーパウダーbleah水をいつもより少なくして、代わりに玉葱エキスを投入プラス、カリーパウダーである。「コネコネ」して生地が馴染んできたら、紫玉葱を絡ませて生地の完成flair

名付けて「カリーテイスト玉葱パン」であるsecret生地に玉葱エキスが入っているので、ほんのり甘さがあり、匂いはカリーパウダーがかなり頑張ってくれているのでインディアンの香りが漂うdelicious紫玉葱のみじん切りが程よい歯ごたえを与えてくれるpass

Aruhi_6

※カリーテイスト玉葱パン

炊飯器を使ってこんなにもふわふわにパンが炊ける・・・いや焼けるとは思いもよらなかった。また、アイディアが浮かべば新作を紹介したいsecret当分は、レーズンと玉葱だなon

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.04.03

自宅でヘルシーサンドイッチ

生野菜を買って、サラダにして食べることをしていない。どうしても、火を通したい気分になる。衛生的な問題が・・・気になってしまうからwobbly

最近、バンコクのスーパーでも「オーガニック」フェアーなんか開催しているclear少し値段は張るにしても・・・日本よりは物価の安いバンコクdollar火を通して食べる野菜とサラダにして食べる野菜を区別して、生で頂くものは「オーガニック」を使用shine

本当はパンにも拘りたいとこであるが・・・日本のパン屋のように質が高くないthinkもっと探索すれば、「美味しいパン屋」がバンコクでも見つかるかもしれないeye

今回は、ヴィラスーパーマーケットで購入した「ピタ」&頂き物の「フランスパン」を使用bread

サラダの具材は、shineサラダ菜・ほうれん草・セロリ・パプリカ・胡瓜・紫キャベツ・紫玉葱・人参・カシューナッツ・レーズンshine

ドレッシングは、彼特性のマスタードベースのものokマスタード・ライスビネガー・醤油・塩・ブラックペッパー・オリーブオイルを混ぜpassわせる。

サンドイッチの具材としては、サラダの味付けはやや濃い目にする。サラダだけでも美味しく頂けるので、その時にはドレッシングの味はやや控えめでgoodツナを合えたり、ゆで卵を添えたりするnew

朝食には、サラダとして、ブランチならピタサンドイッチ、ランチにするならバケットにはさんでボリュームfullサンドイッチとなる。さっぱりしているので、飽きずにというか最近はまってよく食べているon

Sany0204

※ピタサンドイッチ

ピタサンドには、スモークサーモンを挟んでみたshine

Sany0235

※バケット

バケットには、お手製のバジルペーストをぬって、トーストclearパリパリの食感shine

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »