心と体

2009.01.31

Metabolic syndrome

「メタボ」ここ数年、取り上げられている話題のひとつ。公衆衛生学、予防医学といった分野に入るのだろうか。

Sany0058

※タイの新聞(Bangkok Post)にも掲載

肉々しい・・・憎々しい写真と共に、タイの新聞(Bangkok Post) にも「メタボ」の記事が取り上げられていた・・・肥full

ウエスト周りの基準値が日本とは違う。これは、日本の基準がアメリカで打ち出された値を換えたようである。タイでは、世界の基準を反映させて、女性のウエストは80cm、男性のウエストが90cmとされている。タイでは、男性よりも女性の「メタボ」さんが深刻な様子。しかし、街でみかけるのは中年親父のたぬき腹が圧倒的に多い。

そして、この不景気の中、記事ではかなり惨い宣告をしている。「タイのジャンクフード、屋台の安い料理、これらはもっとも食べてはいけない食品。特に、油の質が悪く、消化吸収力が低くお腹に油が蓄積されてしまう。ほとんどの安い食べ物は、炭水化物、糖分を多く含んでいる。これらを食べ続けると、肥満となり、心臓の病気にもなりやすくなる。」と記載されている。

Sany0059

※新聞記事の続き・・・・

「カオニャオマムアン」(もち米とマンゴーのデザート)、「カオマンガイ」(蒸し鶏ご飯)この2品、私のタイ屋台料理でもっとも絶賛している品である。日本人の口にとても合う。それぞれ40B≒120円程度で味わえる。お手ごろ価格でお腹を満たしてくれるタイの屋台飯。旅行者にとっても、屋台を経験すると「タイだよなぁ~」と日本では味わえない、東南アジアの独特の雰囲気を味わうことができる。滞在者にとっても、キッチンの無い住宅が多いバンコクのアパート設計の中、屋台飯は必須と言っても過言ではない。しかも、おいしくてリーズナブルとくれば、食べるに決まっている。

「健康」をとるか、いや「健康」を取れるか否か。財布との相談になるのではないかと思われる。先を予想できない国民が、今の不景気の状態で、屋台飯を捨てることが出来るのだろうか?

どこの国でも同じであると思うが、問題定義だけしておいて解決策は・・・多くの人には成し遂げることが難しいことが多い。今回のタイのメタボにしても、安い料理を口にするなとあるが、これは、屋台を経営する人にとっても迷惑な話であり、庶民にとってもだからと言って何を食べればいいのか・・・ということになる。運動をしなさいとか、油の多く含まれない食品を食べなさいとか・・・具体的に何を食べればいいのか、どんな運動をどれくらいの量すればいいのか・・・そこまで記載しなければ、この記事を読んでも何も革命じみたことは起こらない気がする。

仕事の話になるが、学会やジャーナルに、その類のことは多くある。だから一時ジャーナルから離れたこともある。具体的な訓練方法を示してほしい。それをそのまま活用するのではだめであるのはわかっている。効果があった訓練を、自分の担当の患者さんにアレンジメントして使う。なにぶん、経験の浅いセラピストには、ヒントが必要である。しかも、具体的な。広義的なことは、学校で学ぶ。現場に出れば、狭義の世界。先輩たちからは、先輩が経験して得たものを、具体的に伝えてもらいたい。

そして、私もいつの間にか、この道10年となってしまったcoldsweats01先輩が経験して得たものを伝えていく立場である。後輩として生意気なことはいくらでも言える。がしかし・・・先輩として、堂々と語ることが出来るのであろうか・・・いささか不安である。世に言う、中堅どころとは本当に上から下からとサンドイッチ状態。考えただけで、ストレスフルng

そりゃ、「メタボ」予備軍にもなりますよ・・・食べて、仕事して、食べて、寝て・・・自分のことを考える前に、それ以外のことで頭がいっぱい。暴慢状態bearing「健康」なんて言葉、すっかり蚊帳の外。でも、これではいけない。アラフォーになる前に・・・自分のカラダについて理解しておいた方がいいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.12.13

健康診断

働いていると半強制的に受ける「健康診断」hospital

病院勤務の時には、もちろんその病院で受けれるわけで、いとも簡単に出来ると思っていた。しかし、昨年株式会社で働いていた期間に、健康診断のために有給を使い、担当の方にも振り替えとか、時間変更とかをお願いした。指定病院が辺鄙な場所にあり、こんなに苦労して受けなきゃいけないのか・・・と思った。上げ膳据え膳の中で居るとありがたみは分かりにくいものだthink

前回の健康診断から1年が経過した。生活環境も変わり、年齢的なこともあり、今後何かのためにもバンコクで通える病院hospitalを決めるためにも、そろそろ受けたほうがよさそうである。

なんて思いながら、デパート内をぶらりと歩くshineタイ語分からないけど、血圧測定してるみたい?!とブースにお邪魔。言葉が分からないと、こういう時にお得でもある。勝手っちゃ勝手であるが、笑顔で椅子に座って腕を差し出すhappy01「うん?」何か言われている・・・そして測定してない・・・受付をして記録カードをもらわなければならない様子。状況判断にて推測eye適当に住所とか、電話番号とか記載して記録カードをもらうことに成功good

①血圧測定(簡易血圧計で測定) ②血糖値測定 ③ストレスチェック(指にクリップをはさんで脈拍から分析する器械) ④BMI、筋肉率、脂肪率、体重測定 

①~④をタイ人と共に列をなして・・・約30分で測定終了。すべてのデーターが出たらスタッフが内容を説明してくれる。英語で説明できるスタッフを待ち、説明を受けるpassノーマルとのこと・・・一応自分でグラフとか見たらそれなりに理解できる内容・・・まぁ仕方ない・・・だってここはデパートのイベントブースだものcoldsweats01あ、お尻の脂肪がちょっと多いけど、女性だからマイペンライって言われたbearing体重はあと4Kg減量と書かれてたcoldsweats01一応、筋肉はついてる方みたいで、「運動してる?」って言われたwinkぼてぼてジョグだけど時々でもしてるからかな?

意外と難しいkeep goingleftrightleftrightleftright加齢と共に、油断していると現状を維持できなくなる。今よりももっとupwardright目指したいところではあるが、無理はban、油断もbanバランスよく。

まめでおらないけませんわぁ~

1213_6

※血圧測定

1213_5

※血糖値測定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.22

クモリガラス

現在、2weeksのコンタクトを使用している。視力低下を認めたのは、運転免許を取得してからだったのように記憶している。※私の記憶は曖昧であるhttp://kuwayumi.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-c20a.html

視力低下を認めてから、洗浄がメンドクサイwobblyからとone day スタイルのコンタクトを旅行の時と週末は使用していた。普段の生活では、rvcarを運転する時と、仕事でカンファレンスや会議があるときにのみ、eyeglassをかけていたが、それ以外では裸眼で何とか暮らしていた。

2006年の来泰時より、コスト面と購入個数制限、荷物の関係から、2weeksのコンタクトを使用するようになった。洗浄はメンドクサイthink手抜きをついついしてしまうdown2週間という使用期間もついつい忘れてしまうdown結果的に目に膿がたまってしまったshockDr.に「このコンタクトはすごい数の菌がいます。もう絶対に使用しないで下さい。ここで処分します。3日後にまた診察に来てください。コンタクトは1ヶ月は使用できないと思ってください。」と言われたbearing

そんな経験を踏まえ、帰国してからは2週間という期限を守り、洗浄もちょっとは頑張った。お陰で、トラブル無しwinkドライアイだと思っていたのも、まったくの勘違いで、日本の眼科では「きれいな目ですよ。」と言われたup

ここ最近、家に居ることが多く、コンタクトを殆ど使用しない。が、先日出かける用事があり、数日振りにコンタクトを装着confident

つけたとたん、視界が一気に霞んだsweat01開封して、使用しなくても毎日洗浄していた。それなのに・・・どうして・・・これ、まだ一回しかつけてないんですけど・・・汚れている感じもみうけらないが何故霞むのだろうweepここは泰、2006年の悪夢が頭をよぎるwobbly

無理につけるのはよそう。破棄することとするng裸眼でしばらくは過ごしてみようと思う。タイガーウッズも施行したという、レーザー治療はどうだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.14

主婦してたら太る?それとも痩せる?

家に居て、早起きしてたまにジョグrun、気が向いたときにバランスボールでエクササイズrecycle、朝昼夜と3食riceballしっかり食べている。時々?間食cakecafetvテレビ見たり、music音楽聴いたり、pcパソコンしたり・・・これを繰り返していたら、太りそう。

Sany1616

※バランスボール

昔、コント番組で「おかん≒主婦」と言えば、何故かくるくるパーマをかけて、ふっくらしていて、煎餅食べながら、寝っ転がってお尻を掻いている。今はなかなかそんな「おかん≒主婦」もいないと思うが、数十年後・・・こうなっていないように願うcoldsweats01

「朝から必死にジョギングして、甘いもの食べてたら一緒。家のことしてたら、色んな筋肉使って運動になる。」これは叔父が叔母に言った言葉。ごもっとも。

家に居て、お掃除したり、洗濯したり、食事を作ったりして主婦は身体を動かしているはずである。くつろぐ時間は必要であるが、ダラダラしないことだ。今は、時々家に居て主婦をする日があるが、ダラダラ過ごさないように気をつけようと思う。うちは、洗濯は手洗い、これは結構腕が引き締まると思う。大掃除をしないかわりに、主婦をする日は必ず家電を1つ綺麗に磨くことにしているshine

Sany0044

※我が家のキッチン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.11.10

体重計

ドキっngワード

近年、理想体重の計算式がある。試しにクリックpchttp://members.jcom.home.ne.jp/crystallization/check.html

健康であればいいのだ。私は過酷とは自分では思っておらず、結構楽しんでダイエットをした経験がある。が、しかし・・・結果としては「不健康」な見た目になったsad家族や友人は「大丈夫か?」と心配した。自分は、毎日鏡を見て、体重計に乗って、ジムへ通って、気がつかないうちに美しくなっているならともかく、醜くなっていた(´・ω・`)ショボ

初めは、「体力をつける」「締める=筋力アップ」を目標にしていた。いつの間にか「体重計」に乗り、数字を意識しはじめ、一点集中型である性格を思う存分発揮してしまいup歯止めが利かなくなってしまった。私にとって、「数値化」するのはよくないことだ。

いや、予防医学においては非常に気にしなければいけない。「中性脂肪」「メタボリック症候群」「成人病」と騒がれている、怖がられている時代である。マメでいたいもんですわflair

コネタというより、メインだったりして・・・

東京では3~4回/週の間隔でGymへ通っていた。その時に、体重計に乗って軽くチェックしていた。バンコクに来てからは、1ヶ月前に一度チェックした。

バンコクには、コンビニの前やスーパーマーケットのトイレの横とかに、1B≒3円で計れる体重計が置いてあるfoot基本、洋服や靴を身につけたまま計るので正確ではないが、私の場合は-1kgと考えて計っている。

Sany0165

※1B体重計

機会があれば計りたいと思いつつ、先週末薬局へ行った。そこでアナログ式の体重計を発見sign01もちろん乗る。洋服着たままなのにぃ~downwardrightちょっとhappyupwardrightそして、思った薬が手に入らなかったので、次の薬局へ移動。そしてそこにももちろんある、体重計、そして乗る。3分も経過してないのに・・・+1kg(´;ω;`)ウウ・・・Amazing Thailand               帰りにスーパーマーケットに寄る。入り口に発見、体重計、1Bを手にして乗る。ありえない・・・+2kg。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ちょっとHappyから+3kgであるcrying

やはり、数字は気にしないことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.09

ぼてぼて(茶)

早起きsunでもないが、まだ日陰がある。気持ちを奮い立たせて、運動の出来る格好に着替えるsports

Sany1634

※コンドミニアム

watch7:15家を出る。

いつもの癖で、エレベーターを使ってしまう。乗った後で、階段使えば準備運動になったのに・・・と思うが遅い・・・ロビーで軽くアキレス腱を伸ばしてrun

watch7:20歩き始める。

いきなり、膝が諤々する。ちょっと早くないかい?と思いつつ、徐々に慣らしていかねば・・・焦るな・・・まだまだイケルはずcoldsweats01ぼちぼち歩くこととする。

watch7:30コンドミニアムの敷地を1周する。

各ポイントにセキュリティーのおじちゃんが居る。「サワディーカァ~」と挨拶をしながら競歩runおそろいのユニフォームでウォーキングしてる夫婦、どこかで太極拳して来た風なおばちゃん、ショッピングカートみたいな籠に子供を乗せて散歩?してる夫婦、朝から激しいキャラ揃いである。Amazing Thailand ほんと、驚かされるけど、同時に笑える。そして心が和む瞬間でもある。

watch7:38 2周目。

ちょっとセキュリティーのおじちゃんの死角になるところで、ジョグを試すrunまず、足が重すぎて上がらない・・・前になかなか進まない感覚(一応、前進してますけどcoldsweats02)で、何と言ってもショックなのが自分のカラダが奏でる無様なnotesこと・・・「ぼてぼて」「ぼてぼて」100mでクールダウン→競歩へ戻す。で、茶所松江の「ぼてぼて茶」を思い出す

ぼてぼて茶japanesetea元来、奥出雲のたたら製鉄の職人さん達が高温で過酷な作業の合間に、立ったまま口に流し込んでいた労働食だといわれている。また、不昧公の時代の非常食だったと言う説や、上流階級の茶の湯に対抗して庶民が考え出した、趣味と実益を兼ねた茶法だとする説等いろいろある。乾燥した茶の花を入れ、煮出した番茶を丸みのある筒茶碗に注ぎ、長めの茶筅で泡立てる。この泡立てるときの音から「ぼてぼて茶」の名がついたといわれている。泡立てたお茶の中に、おこわ煮豆、きざんだ高野豆腐漬物などの具を少しずつ入れれば出来上がり。箸を使わず、茶碗の底をトントンたたいて片寄せた具をお茶と共に流し込む。

Pc_1162083922_2

※ぼてぼて茶

watch7:45 3周目。

汗も出てきて、同時に日差しも強くなってきたsun日向が出来始めてきた。セキュリティーの死角でまたもジョグをトライrunやはり100mでクールダウン→競歩へ。

watch7:52 今朝のお散歩終了。

今日の収穫。①1周、7分ペース ②70~80m/毎分として計算すると、1周≒500m ③ジョグ出来ない ④競歩ならなんとかいける ⑤8時になると日が出て、暑くなるsun ⑥早起きは三文の徳upup

| | コメント (1) | トラックバック (0)